「30歳までに結婚したい」は意味がない| 20代〜30代独身女性が結婚を焦る4つの理由

marry-by-30 Blog
Pocket

「20代のうちに結婚したい・・」
「子供が欲しいから、できるだけ早く結婚したいな・・」
「30代になると、途端にモテなくなるらしい・・」
結婚に対する考えはほとんどの方が持っている事でしょう。
そして、世間一般でなぜか広がっている考えがあります。
それは
「30才までには結婚したい」
という願望。
なぜ30才なのか?
キャリアが落ち着く、収入が増える、身体の変化など、様々な理由はあるでしょうが、今はその議論は置いておきます。
ですがその、一種の呪いのような考えによって、非常に多くの女性が苦しんでいるのは事実です。
そこで今回は、結婚を焦る20代〜30代の独身女性のために、結婚に対する考え方についてアドバイスをまとめました。
ちなみに私は、30代になってから、6つ年上の女性と結婚しました。
その経験と、そこから得た学びをもとに記事を書いています。
なお、最後の方では、焦る気持ちをどうしても捨てられない人のために、気持ちをコントロールする方法もご紹介しています。
この方法は、結婚だけでなく、仕事やスポーツ、その他色々な場面でも応用できますので、ぜひご覧ください。

女性が結婚を焦る4つの理由

女性が結婚を焦る理由は主に以下の4つが挙げられます。
  1. 周りがどんどん結婚していき、うらやましい
  2. 出産適齢期が気になる
  3. 寂しい
  4. 仕事が辛い

周りがどんどん結婚していき、うらやましい

「周りがどんどん結婚していく中、自分は全然その予定がない・・・」
「自分だけ取り残されていくような気持ちになる」
「一生結婚できないのではないか」
周りの友人や同僚がどんどん結婚していき、「私も・・」という気持ちになります。

出産適齢期が気になる

35才以上での出産は医学的に高齢出産に分類され、流産や早産のリスクが高くなるとされています。
子供が欲しいと考えている女性はもちろんのこと、子供が欲しいと考える男性にとっても、女性の年齢と出産時期は気になるところです。

寂しい

「このまま一人で一生を終えるのかな・・」
仕事を終えて帰宅し、夜に一人でご飯を食べていると、たまに寂しくなったりしますよね。
特に、それまでお付き合いしていた人と別れた直後なんかは、強く寂しさを感じるものです。

仕事が辛い

要は、寿退社して専業主婦になりたいという気持ちです。
男女の雇用格差は昔に比べてなくなりつつあり、女性の管理職も珍しくない時代。
共働きの世帯は非常に多くなりました。
ですが、仕事をやめて家庭に入りたいと考える女性がまだまだ多いのも事実です。
また、口には出さなくても心の奥底では、仕事が辛くてなんらかの形で仕事から解放されたいという気持ちがあることもあります。

結婚を焦ると失敗し、余計遠回りする

これまでの友人・知人達をみていると、焦って結婚した人たちの大半が、わずかな期間で離婚したり、別居したり、浮気しているなど、あまりろくな結果になっていません。
焦って結婚すると、「こんなはずではなかった」をいう点がポロポロ出てきます。
ただでさえ結婚とは、違う人生を歩んできたもの同士が一緒になるという難しい作業です。
ゴミの捨て方
ご飯の食べ方
お風呂の入り方
なんでもない簡単なことでさえ、「相手のやり方があなたの許容範囲を超えていて我慢ならない」なんてことが起こります。
何も確認せずに焦って結婚しては、すれ違いが多過ぎて、失敗する可能性が高くなります。
焦らず、自分の人生観やライフスタイルと照らし合わせ、相手の性質をしっかり見極めることが大事です。

出会いのタイミングは人それぞれなので、悩んでもしょうがない件。

結婚を焦るその気持ち、とてもよく分かります。
なぜなら、私もそのうちの一人だったからです。
私は男性ですが、夜が本当に寂しくてたまらないタイプでした。
ですが、今になって思う事は、結婚のタイミングは「自分の努力ではどうしようもないな」という事です。
どんなに恋人との交際がうまくいっていても、結婚の時期や価値観、今後のキャリアの計画が合わないと、なかなか結婚の話は進みません。
逆に、うまく合致するとトントン拍子に話が進み、「気がついたら結婚していた」というくらいうまくいきます。
人には様々なライフスタイルがあります。
100人いれば、100通り。
1万人いれば、1万通りのライフスタイルがあります。
あなたも社会人経験を積むにつれて、あなたはたくさんの人と出会い、色々なライフスタイルを見てきたことでしょう。
結婚は、
違うライフスタイル同士がぶつかり合い、お互いの妥協点を探る作業
でもあります。
妥協点が見出せなかったり、お互いが決めた妥協点が守られなかったりすると、離婚に至ります。
この、いくつもある妥協点が合う相手というのは、”その時”が来ないと出会えません。
そして”その時”は、人によって全く違うのです。
18才の人
25才の人
34才の人
42才の人
これはもう、運命です。
抗えません。
ですので、世間がなんと言おうが、自分で勝手に「30才までには〜」などと制限を設けず、焦らずどっしり構えましょう。
ただし、可能性を高める努力はできます。
「出会いの場を積極的に参加し、自分に合う相手を探す。」
これを焦らず続けることが、最高のパートナーを見つける近道です。

30代での結婚は遅くない

「30代の○○%が結婚できて、そのうちの▲▲%が初婚で・・・」
などという統計やアンケートからの分析がありますが、先ほどもお伝えした通り、ピッタリのパートナーが現れるのは、その人の運命です。
また、ピッタリのパートナーが現れれば、30代だろうが、40代だろうが、幸せな結婚生活は十分可能です。
では、運命の出会いまでに、あなたは何を準備すればいいでしょうか?
それは次の2つです。
  1. 出会いの場に積極的に参加する
  2. 自分磨きを怠らない
そもそも出会いの機会がなければ、運命的な出会いが訪れる可能性は低くなります。
趣味に関するイベントや、婚活パーティーなどなんでもいいので、適度にイベントに参加するようにしましょう。
また、自分磨きを怠らないことも重要です。
これは外見に限った話ではありません。
読書や学習、自己啓発を通じて魅力的な人間になれば、それに見合う魅力的な男性に声をかけられることが必ず増えます。
少し厳しいことを言うと、イイ男は内面が未熟な女性とは結婚しません。
いくら若くて外見が良くても、女性の内面が未熟だと、男は結婚までは考えないし、たとえ結婚してもすぐに離婚します。
逆に、内面がしっかりしている女性に男性は惹かれます。
それが例え、女性が30代、40代だとしてもです。
30才を過ぎるからといって、焦る必要はありません。
あなたをしっかりみてくれる男性は、必ず現れます。
腰を据えてパートナー探しに取り組みましょう。

理想の男性に会いたいなら、出会いの場を変えてみる

今現在、積極的に出会いの場に参加しているけれど、なかなかうまく行かないと言う方もいらっしゃるでしょう。
そのような方々には、一度考えて欲しいことが1つあります。
それは、
「出会いの場が適切かどうか」
です。
「紳士で誠実な男性と結婚したい」と考えているにもかかわらず、その辺で開催される街コンに毎週繰り出してナンパ男たちと飲んだりしてませんか?
せっかく理想の男性像を持っていても、それにマッチする出会いの場に参加していなければ、いつまで経っても運命の出会いは訪れません。
自分の身を置く環境は、非常に大事です。
例えば、「GAFAに勤める年収高くて将来有望なエンジニア」と出会いたいなら、GAFAに転職するか、人脈を使って、彼らが参加する飲み会に呼んでもらう必要があります。
間違っても、ナンパ男しかいないような街コンに行ってはいけません。
自分が出会いたい男性像をイメージしたら、それに見合った場所に顔を出す。
それが鉄則です。

焦る気持ちを受け止め、コントロールする方法

ここまで読んでも、やっぱりまだ焦るという方。
そんな方は、焦っている自分を一旦受け止めてあげましょう。
焦りを感じているあなたは、他の人よりも結婚に対して強い思いを抱いています。
雑誌の記事や婚活パーティーの情報、統計やアンケートの集計結果、恋占いやタロット占いなど、様々な事が気になって仕方ないですよね?
そんなあなたは、別に行動を制限する必要はありません。
結婚に関する情報収集や、イベントへの参加は継続しても構いません。
ただし、ここで一つだけ注意点があります。
それは、一つの情報に固執して振り回されたり、引きずられない事。
「雑誌で、結婚できるのは20代までと書いてあった・・」
「占いで、あと7年は結婚できないと出た・・」
そのような情報に一喜一憂していると、人生疲れませんか?
記事は記事
統計は統計
占いは占い
情報に振り回されるのではなく、
「記事ではこう書いてあったけど、ただそれだけ。自分は引き続き頑張る」
「占いではこう出たけど、ただそれだけ。努力していたら良い人はどこかにいるかも」
という感じで、事実だけを受け止め、余計な意味づけは決してしない事。
そうすれば、情報に振り回される事なく、焦る気持ちもコントロールできますので、是非試してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?
結婚に対する考えは、誰もが持っているものです。
ですが、焦ると何事もうまくいかなくなるのが世の常。
まずは焦る気落ちをしっかり受け止め、どっしりと構えた上で、出会いと自分を磨く努力を継続していきましょう。
そうすれば、必ずあなたを見てくれる人は現れますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました