セックスレス の原因!男性更年期障害 セルフチェックと対策

men's health Blog
Pocket

この記事は、旦那や彼氏からレスられている、セックスレス に悩んでいる女性のための記事です。

男は自分の健康状態に非常に無頓着で、ググることさえしません。
パートナーである貴女が気にかけてあげることで、セックスレス が解消できるかもしれませんよ。

最近Twitterで、男性の更年期障害がトレンドになりました。

旦那さんやパートナーで、こんな症状ありませんか?

  • 以前は優しかったのに、突然キレるようになった
  • 性欲が減った
  • セックスレスになった
  • 弱音を吐くようになった

 

もしかしたら、それは実は男性版の更年期障害かもしれません。

 

更年期障害と言えば女性が抱える症状と思うかもしれませんが、実は男性にも更年期は存在します。

女性は閉経がある分、ある程度の時期が分かります。
ですが男性にはないため分かりづらく、気づかないまま放っておいて症状を悪化させてしまうケースが多いようです。

そこで今回の記事では、男性更年期障害の症状と、対策について調べてみました。

なお、私は医師ではないため、確かな事は言えません。
この記事は、あくまで私が調べたものをまとめたものです。

「こんな事がセックスレス にもつながるんだ」という事を知るためのきっかけになれればと思って書きました。。

セックスレスのカップルの、「レス/レスられ」解消の助けになりますように。

 

男性更年期障害 セルフチェック表

 

  1. 総合的に調子が思わしくない
  2. 関節や筋肉の痛み
  3. ひどい発汗
  4. 寝つきが悪いなど睡眠の悩み
  5. よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
  6. イライラする、些細なことにすぐに腹を立てる
  7. 以前より神経質になった
  8. 不安感
  9. 身体の疲労や、行動力の減退
  10. 筋力の低下
  11. 落ち込みなど憂鬱な気分。
  12. 「人生の山は通り過ぎた」と感じる
  13. 「力尽きた」「どん底にいる」と感じる
  14. 髭の伸びが遅くなった
  15. 性的能力の衰え
  16. 早朝勃起(朝勃ち)の回数の減少
  17. 性欲の低下

 

*各項目を、「ない」1点、「軽い」2点、「中程度」3点、「重い」4点、「極めて重い」5点。
*合計点で男性更年期障害の症状の重症度を見る。
*17〜26点「なし」、27〜36点「軽度」、37〜49点「中程度」、50点以上「重症」。

 

引用:https://bunshun.jp/articles/-/43069?page=3

 

上のチェックリストが、そのまま男性更年期障害の症状です。

まずはいますぐ、チェックしてみましょう。

 

 

男性更年期障害の原因は男性ホルモン「テストステロン」の減少

 

では、男性更年期障害の原因はなんでしょうか?

それは、男性ホルモン「テストステロン」の減少が原因のようです。

では、テストステロンはどうして減少するのでしょうか?

それは、以下の2つです。

  • 加齢
  • ストレス

 

テストステロンは、大脳の視床下部からの指令によって、精巣で作られます。

そう、男性のキンタマです。

 

しかし、長期にわたって心理的ストレスを受け続けると、交感神経が常に優位な状態になり、大脳がテストステロンを作るための指令をストップしてしまいます。

年齢が上がるにつれて会社で重要な役職につくようになり、抱えるストレスが徐々に大きくなっていきます。

 

特に優秀な男性は、若いうちから重要な仕事で多忙になったり、管理職になったりするので、抱えるストレスも大きい。
ですから、旦那さんや彼氏が若いからといって、「更年期障害ではない」と判断するのは危険でしょう。

 

参考:https://www.daito-p.co.jp/gm/gm.html

 

 

旦那(彼氏)のテストステロンを増やすのがセックスレスへの最強のソリューション

 

セックスレスを解消するには、旦那(彼氏)のテストステロンを増やすのが1番の解決策だと思います。

 

では、テストステロンを増やすにはどうすればいいのでしょうか?

それが以下の4つです。

 

  1. 筋トレ(もしくは運動)
  2. 普段の食生活を改善する
  3. サプリメントを飲む
  4. 睡眠負債を解消する

 

1つずつ順番に見ていきましょう。

 

 

筋トレ(もしくは運動)

 

コロナ禍でリモートワークが増えている影響で、世界中の人々はいま、人類史上かつてないほどの運動不足に陥っています。

 

優秀な男性、良い職についている男性ほど、リモートワークをできる環境が整っているでしょうから、なおさら運動不足になっていると思います。

 

テストステロンは運動をすることで分泌が促されます。

パートナーの運動量が落ちている、もしくは元々少ないということであれば、ぜひ筋トレや運動量を増やすことをオススメします。

 

 

普段の食生活を改善する

 

  1. 外食やコンビニ食が多い。
  2. 同じメニューが多くなってる。
  3. インスタント食品など、食品添加物たっぷりのものばかり食べている
  4. チョコレートなどの甘いお菓子(白砂糖)をとる機会が多い

 

もしこれが1つでも当てはまるなら、食生活を改善するべきだと思います。

 

特に白砂糖や食品添加物によって、体内のミネラルが排出されてしまいます。
これらを含む食品は、極力食べないようにしましょう。

 

その代わり、亜鉛や良質なタンパク質、ビタミン等をバランスよく摂ることが大切です。
野菜や果物、お肉やお魚を買ってきて、自分で調理をすることで、余分な添加物を白砂糖を摂ることを防げます。

 

栄養は偏ると体に不調が出てきます。

バランスよく摂るようにしましょう。

 

 

サプリメントを飲む

 

食事だけではどうしても足りない栄養素があります。
足りない栄養素は、サプリで補ってあげましょう。

 

 

睡眠負債を解消する

 

睡眠不足の状態は、それ自体が脳と身体に非常にストレスがかかります。

また、その日にため込んだストレスを解消できないまま翌日を迎えるため、ストレスがどんどん蓄積されていきます。

そうなると、当然男性は勃起しにくくなりますし、SEXなんてする気にもなりません。

睡眠負債はSEXにとって最悪の敵です。

しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

 

あとがき

 

かくいう私も、先日妻から、「パパ、もしかして更年期なんじゃない?」と指摘されました。

「いやいや!自分はまだバリバリ30代なんだから、更年期障害なんてありえないでしょ!」と妻に言ったのですが、よくよく調べてみると症状がよく当てはまるものがゴロゴロ・・・。

 

どうやら、仕事によるストレス

と運動不足が原因のようです・・・。

 

それ以来、毎日運動ウォーキングと軽い筋トレをスタートし、徐々に勃起力も戻ってきました。

勃起力が落ちていた時期、私は自分への自信を完全に失っていました。

 

妻をSEXに誘っても、いざしようとすると勃たない自分。
ましてや、妻から誘われても応えられない自分に対して、本当に惨めな気持ちになりました。

 

気持ちはあっても、身体が全然ついてこない。

 

そんな感じだったのです。

 

健康状態は、男性の自信(勃起力)に直結します。

 

もし旦那さんや彼氏からレスられているのであれば、テストステロンの減少による更年期障害になっている可能性が高いです。

 

ぜひ気にかけてあげることをオススメします。

 

 

なお、筋トレや運動、サプリに関しては、以下の記事でも書いていますので、そちらもあわせてご覧ください。

 

筋トレ、運動の継続に関してはこちら。

【モテ過ぎ注意】筋トレのメリットと継続するコツ
世間で爆発的に広がっている筋トレ。 筋トレは様々な良い効果が期待されています。 その効果は絶大で、男性にとってメリットしかありません。 中でも以下のような男性は、筋トレする事をオススメします。 普段ほとんど or 全く運...

 

 

私が実際に使用して勃起に効果を感じられたサプリメントを、こちらの記事にまとめています。

【ポルチオイキや中イキにも必須】男性の勃起力を上げるおすすめサプリ5選
彼、いつもエッチの途中で中折れして、 私もイケないからお互い欲求不満。 もっと思いっきりイキたい! 中イキ、できたことがないんだよね。。。 私って変なのかな? ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました