「お金がない!」貯金ゼロでも結婚できる3つの理由

wedding-money Blog
Pocket

「お金がなくて結婚に踏み切れない・・・」
「結婚式費用どうしよう・・・」
結婚式や新婚旅行、婚約指輪に結婚指輪・・・
結婚するには多額のお金が必要だと考えられています。
ですが、ちょっと待ってください。
それって、本当に必要な出費ですか?
今回の記事は、お金がなくて結婚に踏み切れていないカップルのために、貯金ゼロでも結婚できる理由を解説していきます。
お金がないという理由で結婚に踏み切れないでいるカップルの、後押しができればと考えています。

「お金がない」「貯金ゼロ」でも、結婚できる3つの理由

大きなお金が必要だと考えれられている「結婚」。
実は、今現在、年収が低くてお金がなかったり、貯金がゼロで全くなくても、結婚はできます。
それは、以下の理由からです。
  • 「結婚には大金がかかる」はブライダル業界の洗脳。
  • 結婚費用のほとんどは、ただの見栄。
  • 世間の常識を破っても、デメリットは全く無い。
ちなみに筆者は既婚者で子供もいますが、結婚式どころか結婚指輪も買っていません。
結婚するために行ったことといえば、「婚姻届を提出した」ことと、「それまでより少し広めの部屋を借りてお互いが引っ越した」くらい。
なぜかと言うと、とある事情でお金が必要で、金銭的に余裕が全くなかったからです。
しかし、今になって思うことは、結婚式などせず、無駄に大きな出費を控え、代わりに子供達の教育など本当に必要なことにお金を使うことができているため、本当に良かったと実感しています。
ちなみに、私たちは結婚して数年経ちますが、いまだにラブラブな夫婦生活を送っています。

目を覚ませ!世間の目を気にして結婚のためだけに数百万円かけるのは、あまりにもバカばかしい

money-run-away
「結婚式をやらなければいけない」「指輪を買わなければいけない」「新婚旅行に行かなければいけない」というのは、ブライダル業界や旅行業会の相当強力な洗脳です。
また、「結婚式を挙げないことで、世間からどう見られるかが不安」という方もいるかと思います。
しかし、よくよく考えてみれば、それって全く必要がないことに気がつきます。

結婚式(平均約350万円)は必要ない

結婚式を行うと、たった1日(というか数時間)で、平均約350万円が蒸発します。
結婚式で得られるもの・・・なし
結婚式で失うもの・・・平均約350万円という大金と、それまでのあなたの努力
「周りがやっているから自分も。。。」などという安易な理由で、あなたが何年もかけてやっと貯めた数百万円という大金を結婚式に費やすのは、あまりにもバカバカしいです。
はっきり言います。
大金をドブに捨てるようなものです。
ブライダル業界に、完全に洗脳されています。
厳しいことを言いますが、あなたの結婚式なんて、半年もしたら覚えている人なんていませんよ。
それが現実です。
たった1日だけの見栄のために、あなたが何年もかけて一生懸命貯めたお金を無駄にするなんて、正直私には考えられません。
ちなみにゼクシィの調べでは、平均の結婚式費用は約350万円だそうです。
ご祝儀がある程度入ってくるとはいえ、自分たちはもちろんのこと、親族や友人に大きな負担をかけてまで結婚式を挙げる必要がどこにあるでしょうか?
何より、これからあなた方は新生活をスタートする身。
足りない家具を買い揃えたり、将来的に子供が生まれれば多額の養育費がかかります。
世間の目や、たった一日だけの見栄のために、何年もかけて一生懸命ためてきたお金を費やすって、”人生最大の浪費”だと私は考えます。
これは、浪費です。
必要なものを買うための消費ではありません。
ただの無駄遣いです。

婚約指輪(平均約42万円)、結婚指輪(平均約25万円)は必要ない

結婚するからといって、なぜジュエリーを買う必要があるのでしょうか?
ジュエリーが欲しいかどうかなんて、人それぞれです。
女性側がジュエリーが欲しいと言うことであれば、二人の貯蓄額と相談しながら、「女性が欲しいもの」、「値段的に二人が納得いくもの」を、「二人のタイミング」で、購入すれば良いだけの話です。
結婚するからといって、なぜ無理に高価な指輪を買う必要があるのですか?
必要ありません。
とはいえ、二人の絆を確認するという意味で、結婚指輪が欲しいという意見もよく分かります。
そんな時は、欲しい人だけ、欲しくなったタイミングで買いましょう。
欲しくもないのに、何も考えずに買うのはやめましょう。

新婚旅行(平均約51万円)は必要ない

ハネムーンは必要ありません。
なぜ結婚するからと言って、旅行に行かなきゃいけないのですか?
自分たちのいきたいタイミングで、いきたい場所にいけば良いじゃないですか。
金銭的に余裕がないのであれば、無理に旅行にいくべきではありません。
旅行に行くかどうかなんて、世間が決めることではありません。
旅行は、行きたいなら自分たちのタイミングで行きましょう。

「結婚式を挙げないと何が起こるか?」不安に思う必要は全くない。

結論を言います。
結婚式を挙げなくても、あなたが不安に思うような事は、一切何も起きません。
世間の目を気にして結婚式を挙げたところで、半年後には式のことを覚えている人はいません。
あなただって、友人や同僚の式なんてほとんど覚えていないでしょう?
覚えていたとしても、それがどうしたというのでしょうか?
それでもまだ「結婚式を挙げないと不安だ」という方のために、結婚式を挙げた場合と、挙げない場合、その後のあなたの人生シナリオをご紹介します。
かなり多くのカップルに当てはまるのではないでしょうか?

結婚式を挙げる場合

結婚資金の準備が大変
→式の準備で疲労困憊し、二人の仲もギクシャクし始める
→数百万円の結婚式費用が1日で蒸発
→結婚式後、半年後には誰も式の事を覚えていない
→お金がなくて、やりたいことにチャレンジできない
→お金の余裕がなく、子供を作る余裕もない。二人の仲がさらにギクシャク

結婚式を挙げなかった場合

何事もなく、スムーズに新婚生活スタート
→結婚前に貯めたお金も残っており、興味のあることにチャレンジできる
→ある程度の貯金もあり、心にゆとりがある
→余裕があり、二人の仲も良好。
→二人のタイミングで、欲しいものを購入
→そろそろ子供も欲しくなったので、余裕資金から出産。
→元気な子供と三人で、ハッピーな生活
2つのケース、あなたはどちらが良いと思いますか?

結論:あなたたち二人が結婚に必要なお金は約5〜40万円程度

wedding-with-no-money
結婚式や新婚旅行、ジュエリーなどがなくても、はっきり言ってあなた方の人生にはなんのマイナスも起こりません。
一時の見栄のために、数百万円という大金をドブに捨てるのは絶対にやめましょう。
結婚に本当に必要なことは、以下の2つです。
  1. 同居のための引っ越し(5万円〜30万円)
  2. 両親同士顔合わせ(0〜10万円)
引っ越しに関しては、どちらかが既に住んでいる部屋にもう一方が引っ越すだけなら、引っ越し業者に払う料金だけで済みます。
もしもう少し広い部屋を借りるとなれば、お互いの引っ越し費用プラス、新居の敷金、礼金などを含め、30万円程度になるでしょうか。(住む地域によってかなり差はあります。)
また、両親同士の顔合わせは、合計6人のちょっと良い料理とお酒で大体10万円というところでしょうか。
これに関しては、もし両親たちから援助を受けられるなら、あなた方の自己負担もゼロ円です。
なお、両親同士の顔合わせはしっかりやっておきましょう。
結婚後は、両親たちも一つの親族です。
今後協力していくためにも、しっかりコミュニケーションをとってもらいましょう。
さて、最大で40万円程度となる費用をどうするか。
もし貯金が完全にゼロということであれば、二人で副業などをして貯めれば、半年もあれば十分用意できるかと思います。
金額と副業の内容によっては、1ヶ月で稼げますね。
当初必要と考えていた数百万円と比べれば、10分の1以下のお金で済みます。
二人の結婚のために、少しだけ、頑張ってみましょう。

結婚を検討している二人へのメッセージ

無駄なお金を使わなくても、結婚はできます。
良い例が、私たち夫婦です。
職場の上司や友人、親族とも良好な関係を築けていますし、マイナスなことは一切生じていません。
無駄なお金を使わず、子供たちの教育など大事な場面にお金を支えているため、本当によかったなと実感しています。
ぜひあなたがたも、余計な見栄は張らず、自分たちの本当に必要な事のためにお金を使って欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました